NPO法人 森と家を結ぶ会 設立10周年記念事業 すっごい木の家!ウィーク 住みたい家が見つかる8日間
NPO法人 森と家を結ぶ会 設立10周年記念事業『すっごい木の家!ウィーク』趣意書 理事長 益子重具 当会は、『森と家を結ぶことで良質な住宅を提供すると共に、森を元気にする』ことを目的に発足し、今年で10 年目を迎えました。この間、日本有数の良材で知られる八溝杉(やみぞすぎ)の植林体験会や伐採見学会を開催し、延べ1000 人以上の方々にとちぎの山林に親しんで頂きました。一方では、500 棟以上のとちぎ八溝材を使った地産地消型 の住宅が県内各地に新築され、森と家を結ぶ地域経済の循環の仕組みが構築されつつあります。また、国土交通省から地域型住宅グリーン化事業に採択され、とちぎ八溝材の家を新築することで、お施主様に最大200 万円を超える補助金も受けられるようになりました。この度設立10 周年を迎えるにあたり、県内の優良工務店が手掛けた八溝材の魅力を見事に生かした良質な住宅を栃木県の皆様にご披露させて頂くことになりました。多くの方に足を運んで頂くために、県内各地に20カ所以上の見学会場を設け、開催期間も8 日間とさせていただきます。単にとちぎ八溝材を使っただけではなく、デザイン性、耐震性、断熱性、木工技術に優れた圧倒的かつ個性的な“すっごい木の家”を多くの方にご覧いただき、やがてとちぎの森が元気になることを願っております。